1冊のフォトブックにする

ネットワークプリントのサービスには、フォトブックの作成も含まれているのが一般的です。写真を1冊の本にまとめておくことで、いつでも好きなときに見ることができます。今までは写真を保管する専用の本を購入し、写真屋で現像してもらった物を貼り付けて保管するというのが普通でした。しかし、現在ではネットワークプリントで同じようなサービスを受けることができるのです。

アルバム料金は基本的に本に保管できる枚数や大きさ、仕上げの方法などによって変わってくるので、どれぐらいの写真を保管しておきたいのかをきちんと把握しておく必要があります。他にも本の表紙を何色にするのか選ぶことができますし、カバーの仕様も選ぶことができます。表紙のレイアウトも自由に決めることができるので、自分の好きな表紙をきれいな状態で作ることができるのです。

だからこそネットワークプリントを利用する人が近年では増えているのですが、フォトブックの作成は少々手間がかかりますし、素人の技術力では不可能な部分もいろいろとあるので、フォトブックを作成して長期間よい状態のまま保管しておきたいのであれば、プロであるネットワークプリントの業者に任せてしまうべきです。スタンダードなフォトブックであれば、それほど高くはありません。


▽関連記事▽

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket